• ホーム
  • 避妊ピルのリスクと副作用

避妊ピルのリスクと副作用

満足をする女性

避妊ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、女性ホルモンを人工的に合成したものが主要な成分となっています。
このため、排卵が抑制されて妊娠を回避することができるという大きな効果を発揮しますが、その半面、体がホルモンの変化に追いつかずに副作用としての症状が起こったり、または他の病気などが発症する確率が高まったりするリスクもあります。

避妊ピルを飲み始めてから1か月、2か月程度の間において、比較的多くの女性にみられる副作用としては、吐き気、下腹部の痛み、軽い頭痛、胸が張ってくるような感じ、不正出血などがあります。
これらは飲み始めの時期だけにみられるもので、一定の期間が経過すれば、体のほうがホルモンの変化に慣れてきて、不調は治まります。
ただし、あまりにもこうした症状が不快でつらいようであれば、他の種類の避妊ピルに切り替えたほうがよい場合もありますので、処方してくれた医師の指導を受けることが望まれます。

そのほかに、重大な副作用として、血管内にできた血のかたまりが内部をふさいでしまう血栓症があります。
突然頭や胸に激痛が走ったとか、体の力が抜ける、手足がしびれて動かないなどの特有の症状があれば、血栓症の可能性も否定できませんので、すみやかに医療機関を受診することが必要です。

また、避妊ピルを服用することによって、乳がんや子宮頸がんなどの悪性腫瘍を発症するリスクが高まるという疫学調査の結果も知られています。
ただし、子宮頸がんについてはむしろHPVというウイルスへの感染が引き金になっている、現在の避妊ピルはホルモン含有量の多いかつての高用量ピルとは異なり副作用リスクは少なくなっている、といった反対意見もあります。